技術の継承 INHERITANCE OF TECHNOLOGY

会社案内

COMPANY

会社概要

会社名 株式会社石崎鉄工所
所在地 〒950-3362 新潟県新潟市北区高森新田102
電話番号 025-387-4115(代)
FAX番号 025-387-4116
設立年月日 1949年2月5日
資本金 3,400万円
代表者 代表取締役 石崎徹
従業員数 役員1名 従業員5名 パートタイマー4名
事業内容 内燃機部品加工、工作機械の部品加工及び組立、洗浄機部品の加工及び
溶鉱炉部品加工、食品、酒類製造タンクの加工及び修理、半導体製造タンクの加工及び修理
ガンドリル、深穴・細穴加工
自家製品製作及び販売、賃貸業
主な取引先 株式会社新潟鉄工所 新潟内燃機工場 株式会社新潟鉄工所 新潟工作機工場 北越工業株式会社 株式会社工進精工所 東北機械工業株式会社 敦井産業株式会社 日本製鋼所横浜製作所 伊達製鋼株式会社 株式会社藤島製作所 株式会社日本鋳造所 北光金属工業株式会社 株式会社新潟マシンテクノ 株式会社IHI原動機 東北機械工業株式会社
取引銀行 第四銀行 本店 新潟信用金庫 松浜支店

沿革

昭和14年11月 新潟市日の出町三丁目6番5号において石崎鉄工所を創立、
北越製紙株式会社の修理並びに部品加工を主として行なう。
創立者 石崎福七
昭和16年 株式会社新潟鉄工所全般の部品加工組立をする
昭和24年2月 有限会社石崎鉄工所を設立 取締役社長 石崎福七 資本金 25万円
昭和29年5月 資本金 100万円 自家製品として16インチシェーパー及び旋盤を制作販売する
昭和39年10月 日の出工場内に製缶工場を設ける
昭和41年8月 稲荷町に製缶工場を移転 株式会社新潟鉄工所造船工場の甲板補機台等を主として加工する
昭和42年12月 取締役社長石崎俊郎となる
昭和45年12月 日の出町工場失火の為、全焼する
昭和46年1月 日の出町工場の機械工場を全面的に大形本町に移転する
昭和46年2月 機械工場の一部を豊栄市(現在地)に移転する
昭和47年5月 大形本町工場を豊栄市(現在地)に移転する
昭和47年8月 稲荷町製缶工場廃止する
昭和56年12月 資本金 1,500万円に増資 石崎一仁取締役に就任 石崎福七取締役を辞任
昭和57年9月 資本金 3,400万円に増資
昭和57年10月 株式会社石崎鉄工所に組織変更
昭和58年12月 石崎一仁代表取締役に就任 石崎俊郎代表取締役を辞任 石崎俊郎取締役会長に就任
平成30年12月 石﨑徹代表取締役に就任 石﨑一仁代表取締役を退任、取締役会長に就任